Get Started. It's Free
or sign up with your email address
ナルト by Mind Map: ナルト

1. 考察・予想・自身の意見

2. 固有名詞(重要単語)

3. .

4. .

5. .

6. プロット①神話時代

6.1. 約1000年前

6.2. 異世界

6.2.1. 大筒木一族

6.2.1.1. 「不老長寿、怪力乱心」を求め

6.2.1.1.1. [仙丹]を生成していた

6.3. 地球

6.3.1. [ソの国]

6.3.1.1. [カの国]と戦争中

6.3.1.1.1. 「彼の国」が語源か

6.3.1.2. 国守:[テンジ]

6.3.1.3. 語源

6.3.1.3.1. ①祖の国

6.3.1.3.2. ②襲国(ソノクニ)

6.3.1.4. カグヤはソの国に捕らえられテンジの下へ連れて行かれる

6.3.1.4.1. テンジとカグヤは結婚

7. 能力まとめ

7.1. 大筒木の固有能力

7.1.1. 生命エネルギー(大筒木)

7.1.1.1. 身体エネルギー(大筒木)

7.1.1.1.1. 陽遁(大筒木)

7.1.1.2. 精神エネルギー(大筒木)

7.1.1.2.1. 陰遁(大筒木)

7.1.1.3. 「陰陽遁」はそういった名前の能力があるわけではなく、陰遁と陽遁の総称。もしくは、陰遁と陽遁を同時に使って発動した術に当てられる呼称。

7.1.1.3.1. 同時使用の「陰陽遁」の例

7.1.1.4. 「万物創造の術」などが大筒木の肉体を持っていないとできないことから、大筒木生命エネルギーとヒト生命エネルギーは異なるものであると考えられる

7.1.2. 瞳力

7.1.2.1. 白眼

7.1.2.1.1. 月においては、無数の白眼を集め一つのエネルギー体にまとめられた

7.1.2.2. 輪廻眼系統の瞳力

7.1.2.2.1. 瞳力は陰遁による能力であるため、精神エネルギーを由来とする

7.1.2.2.2. (輪廻眼の前形態として)写輪眼

7.1.2.2.3. (輪廻眼の前形態として)万華鏡写輪眼

7.1.2.2.4. 輪廻眼

7.2. ヒトの持つ固有能力

7.2.1. 生命エネルギー(ヒト))

7.2.1.1. 身体エネルギー(ヒト)

7.2.1.1.1. 陽遁(ヒト)

7.2.1.2. 精神エネルギー(ヒト)

7.2.1.2.1. 陰遁(ヒト)

7.2.1.3. 作中で「陰遁使い」「陽遁使い」が分かれているのは、遺伝によってその人物が身体エネルギー優位なタイプか、精神エネルギー優位なタイプかが異なるから

7.3. 自然エネルギー

7.3.1. 地球における自然エネルギーには

7.3.1.1. 五つの性質

7.3.1.1.1. 火、風、雷、土、水

7.3.2. 地球以外の星における自然エネルギーは違った性質があるかもしれない

7.3.2.1. 地球以外の星で採れた神樹の実から生まれたチャクラは、地球におけるチャクラとは違った性質を帯びてる可能性がある

7.3.2.1.1. 他の大筒木(ボルト出てくるような)が理解不能な能力を持っている説明になりうる

7.4. 神樹

7.4.1. 神樹の特殊な性質

7.4.1.1. 自然エネルギーを吸収し、特殊な性質と反応することによって

7.4.1.1.1. 神樹の実

7.4.1.2. 神樹がなんらかの特殊な性質を保有していることは明らか

7.4.2. 大筒木カグヤと融合

7.4.2.1. 十尾

7.4.2.1.1. 【抜け殻】

7.4.2.1.2. ハゴロモによる「万物創造の術」:

8. .

9. .

10. .

11. ⚠︎特殊な能力を持つ「瞳」:『瞳力』 ⚠︎『瞳力』によって発動される術:『瞳術』 と使い分けることにします

11.1. 作中では瞳術と瞳力は明確に使い分けられてはいない印象

12. .

13. .

14. .

15. 能力の系譜

15.1. 大筒木カグヤ

15.1.1. 【能力】

15.1.1.1. 白眼

15.1.1.2. 輪廻眼

15.1.1.2.1. 前段階として写輪眼(及び万華鏡写輪眼)

15.1.1.3. 大筒木身体エネルギー

15.1.1.4. 大筒木精神エネルギー

15.1.2. 【子孫】

15.1.2.1. 大筒木ハムラ

15.1.2.1.1. 【能力】

15.1.2.1.2. 【子孫】

15.1.2.2. 大筒木ハゴロモ

15.1.2.2.1. 【能力】

15.1.2.2.2. 【子孫】

16. プロット②空白の800年間

16.1. アシュラvsインドラの戦い~戦国時代までの間の800年間、物語では一切描かれていない

16.2. 【この間に起こったと考えられること】

16.2.1. ①日向一族の「天孫降臨」

16.2.2. ②大筒木一族の分家

16.2.2.1. かぐや一族

16.2.2.1.1. 彼らの能力「屍骨脈」は「形に命を吹き込む」陽遁系の能力であるため、アシュラ系(千手一族)の分家で間違いない

16.2.2.2. うずまき一族

16.2.2.2.1. ナルトはアシュラの転生社であるため、うずまき一族も千手一族の分家

16.2.2.3. 血の池一族も特殊な瞳力を有していることから、大筒木一族の分家であると考えられる

16.2.2.3.1. ノベルオリジナルストーリーなので考慮しない。

17. プロット③戦国時代~

17.1. 約200年前

17.2. 忍(忍宗の末裔)は一族単位でまとまり、国に雇われて戦争をする傭兵家業に

17.2.1. 千手一族とうちは一族は、特に強く、乱世において名が通った一族

17.2.1.1. ある国が片方を雇えば、敵対する国はもう片方を雇う、ということを繰り返していたため、千手とうちはは戦場で殺し合いをし続けた

17.3. インドラの子孫

17.3.1. うちは一族

17.3.1.1. うちはタジマ(当主)

17.3.1.2. うちはマダラ(兄)

17.3.1.3. うちはイズナ(弟)

17.3.1.4. 他に3人の子供がいたが幼い頃に千手一族 の手によって殺された

17.3.1.5. タジマの妻については不詳

17.3.2. インドラの妻や子供については不明

17.4. アシュラの子孫

17.4.1. 千手一族

17.4.1.1. 千手仏間(当主)

17.4.1.2. 千手柱間(長男)

17.4.1.2.1. マダラと河原で出会い、互いが敵対する一族であるということを知らずに意気投合

17.4.1.3. 千手扉間(次男)

17.4.1.4. 千手瓦間(三男)

17.4.1.5. 千手板間(四男)

17.4.1.6. 仏間の妻については不詳